失われた歯をもう一度

インプラントとは人工の歯根を意味します。歯を失った後、義歯を補綴(欠損を補う事)しますが、咬み合わせを回復するには現在、最も確実に治療出来る素晴らしい方法です。一般的にはチタン製の素材のものや、チタンにアパタイトコーテイングしたものを使い顎の骨に外科的に埋め込みます。その後、治癒期間を3〜4ヶ月おきますとインプラント(専門的にはフィクスチャーといいます)と顎の骨がガッチリと結合(オステオインテグレーションといいます)し、咀嚼や機能運動に耐えるようになり、実際の噛み合わせる部分を作り、治療が完了します。しかし、インプラントも本物の歯と全く同じという訳にはいきませんが、従来の顎の上に乗った取り外し式の部分入れ歯と比較すると雲泥の差といえます。特に、強調したいのは、従来の部分入れ歯は時間とともに顎がやせたり、バネのかかっている歯がぐらぐらになったり、人工の歯が摩耗して咬み合わせが低くなる傾向にあり、その変化に対応するには頻繁に作りなおしたり、修理するといった欠点がありますが、インプラントはこのような変化が防げるので、長期にわたり長持ちするという利点があります。また、インプラントのまわりの骨を萎縮させないで歯槽骨のボリュームを守ることができるのです。インプラントの初期の時代は術式などに問題がありましたが、現在は、歯科臨床には、確立された必須の治療法となっています。当医院では、最新のPRP(多血小板血漿)を用いた歯周組織再生法、GBR法、GTR法等を併用し、安定した歯周組織の回復のうえに、インプラントの構築をめざします。


インプラントについて

● 歯のないところに人工の歯根を入れ自分の歯により近い感覚で噛んで頂ける治療法です。
● 入れ歯が合わない方、もっとしっかり噛みたい方、取り外しの入れ歯を使いたくない方には最適、そして最も有効な治療法です。
● 入れ歯の場合は残っている歯にバネをかけるようになりますが、インプラントは残っている歯に負担をかけることがありません。ブリッジの場合はつなげて冠を入れますが、健康な歯をも削ってしまうことになります。


当医院のインプラント治療法

● 静脈内鎮静法、通常の麻酔により、ほとんど無痛でインプラント治療を行えます。
● 難症例の場合には、トラブルを避けるために二人の歯科医師で治療を行います。
● 徹底した衛生管理を行っている診療室、機能的な設備で治療を行います。


インプラントの必要性

● 歯周病、虫歯、抜歯などにより奥歯を喪失すると、あごの位置がずれてしまい、かみ合わせに支障をきたし、体調不良になったりします。
● 入れ歯と違い、取り外しをする必要がありません。自分の歯と同様、通常の歯ブラシをして頂きます。ですから、もう一度、第二の人生を楽しむことができます。





精神鎮静法

精神鎮静法は患者の恐怖心、不安をなくし、痛みをかんじることなく、安心して治療することができます。

1. 患者の恐怖心、不安を取り除く。
2. 意識はあるが、術中のことは、ほとんど覚えていない。
3. 高血圧患者の血圧上昇を防ぐ。
4. 筋弛緩作用ー体もリラックス
5. 当医院では、希望者に精神鎮静法を応用し、術中管理をいたします。

抜歯即時埋入法、従来のインプラントは歯牙の治療ができない場合、当該歯をいったん抜歯し、同部の骨の治癒、回復を待ち、インプラント手術に移行していましたが、手術の回数の問題、時間的拘束などを考えると抜歯と同時にインプラント手術が可能であれば、これにこしたことはありません。ケースにもよりますが手術が一回で済む抜歯即時埋入法を行っております。


インプラント義歯

アゴの骨に「インプラント」を植えて、そのインプラントを土台にして 入れ歯を装着する治療法です。入れ歯が安定しない場合でも、入れ歯の裏側に装置をつけて、インプラ ントの部分としっかり固定する事ができるので、物を咬む能力や咬み 心地も回復します。入れ歯が、がたつく事により生じる痛みなども大きく軽減する事がで きます。アゴの骨がやせていくのも防ぐ事ができます。入れ歯で悩んでいる患者さんにはとても喜ばれております。 





ミニインプラント治療

この治療は、下の歯の総入れ歯の方に適しています。入れ歯が動いたり、落ちてきたりうまく咬めないなど今の入れ歯に不満を感じている方に最適な治療法です。下の歯の前歯の部分に、4本の小さなインプラントを植えます。通常のインプラントよりも細いねじ式なので、手術の負担や痛みも少なくて済みます。今お使いの入れ歯の裏側に特殊な金具をつけて、ミニインプラントと入れ歯がホックで留めるように固定しますので、処置した当日からすぐ咬む事ができます。取り外して使いますが、入れ歯がきっちり止まりますので、気にせず会話したり 笑ったりできます。 患者さんには、とても満足していただいてる治療法です。 





患者様の声

「インプラントって、すごい」山形市 N様 NEW

インプラントと聞くだけで、その言葉から冷たい金属感を覚えて、鳥肌の立つような感じをする人も少なくないと思います。実際、私もそうでした。でも、今、朝晩のブラッシングのたびに、インプラント治療に踏み切って良かったと痛感しています。手入れが煩わしいわけでもなく、硬いものを食べるときに、ちょっと気をつけるぐらい。自分の歯と全く同じような感じで食生活を楽しんでいます。振り返ってみますと、亡くなった両親が今の私と同じ年代の頃は既に総入れ歯で、いつも具合が悪そうでした。そんなDNAを引き継いだのか私の歯質も良くないようで、歯医者さんとは縁が切れません。3年前に前歯の歯根まで痛んでしまい、先生に相談しました。義歯を使ってワイヤーをかけるのも一つの方法とお聞きしましたが、残っている歯の負担も大きい、と友達に聞いたこともあって、思い切ってインプラント治療をお願いしました。もちろん不安もありましたし、緊張もしました。でもここまでくればもうまな板の上の鯉同然。丁寧な事前説明を受けていましたし、麻酔がスムーズに効いたこともあって、痛みを覚えることもなく、手術は成功。3ヶ月ほど、仮の歯で生活したあとは快適なインプラント生活を満喫しております。私の周囲にも、同じインプラント治療を受けた友達もおりますが、定期的に検査を受けていることもあって、違和感を覚えることもなく、食生活を楽しんでいるようです。インプラント治療は最後の切り札と言われているそうなので、私もこれ以上、悪くなることのないよう、毎日の丁寧な歯磨きと定期検査で快適な生活を続けていきたいと思っています。


「インプラントは魔法の歯」山形市 S・Y様 NEW

長年使用してきた上下の歯を失ったのは昨年のことで、以後食事時、人を話をする度に気を使う日々となりました。そこで登場したのが「インプラント」です。老後は三途の川の渡し料さえあればと思い、手術を受けることにしました。手術は痛くありませんでしたが、口を開いたままでしたので、術後、口の開閉が少々おかしかったのは仕方ない事かも。術後の最初の食事は恐る恐るでしたが、2、3日後からは一口茄子の漬物を丸ごと食べ、晩酌のできる夕食は至福の時です。また、人との話で入れ歯の音を気にしないでいられるのは、人に云えない喜びです。デメリットもあると思いましたが、残念ながら思い浮かびませんでした。強いて言えば保険がきかないことでしょうか。歯を失った老人にとって「インプラント」は魔法の歯のようなものです。多謝。



歯の種

歯の治療も進化して行き着くところは「それでは歯の種を植えます。あと1ヶ月で生えますからご心配なく。」こんな会話が交わされる時代が到来するかもしれません。しかし、それまでは待てません。私が歯科大学を卒業し、部分入れ歯を習ったときは、この方法で噛む昨日は回復するものと思っていましたが、残念ながらこれはかないませんでした。異物感があることや、支えになる歯にストレスを加えて、残っている歯をだめにしてしまうケースが多いのです。歯の種は近未来の話ですが、インプラントは今手に入る素晴らしい治療法と捉えています。しかもインプラントを入れることで残っている自分の歯が、力の保護作用によって守られるのです。是非、歯のことでお悩みの方、インプラントをもっと知りたい方はお気軽にご相談下さい。